米ドル円直近高値から50パーセント割れ

昨年の12月の高値からの50パーセントラインを割り、対米ドルに対して円高が進んでいます。

次の目標値は、昨年11月の底値からして計算した38.4パーセントまで進むかどうかになってきます。

これは理論値ではあるし、現実のファンダメンダルによってはグローバルば政治問題、ことに直近に迫ったフランス大統領選挙の結果によっては、再び円安に向かうことも考えなければならない。

ロング、ショートどちらの立場からも中立的にトレードを行うのがベストと言えます。

つまり、値動きについていけということです。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!