しつこいくらいに4時間足分析する

おとといの4月11日に直近の4時間足チャートを分析しました。

レンジにトライアングルを形成していて、上に抜けるか、下に抜けるかの結果が出ました。

結果は、下に抜けました。

よって、順張りで売る方向を認識しなければなりません。

去年9月の100円から12月の118円までの50パーセントラインを割ってきました。

かなり円が買われています。

次は、38.2パーセントラインです。

もちろん、ここまでいくかどうかは誰にも分かりません。

単なる目安に過ぎないので。気をつけなければなりません。

トライアングルが下の方を向いているので、下とは限らず、上に反転し上に抜けていくことも考えておく必要があります。

もちろん、素直に下に行くことも十分に可能性ありと言えます。

どちらに行っても良いように対処する必要があります。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!