iPhoneとMacの優位性とは

10月18日(日)

こんばんは。
本日の作業は終了です。

今日の積み上げ

・約1900文字生産
・iPhoneの設定をする
・無料講義の準備をする
・よく寝て、よく食べる
・瞑想をして平安になる

自動引き継ぎ外のアプリのログイン設定ほぼ終了。Android機よりは全然楽です。FXマインドの講義の無料は近日中です。感謝

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

さすがiPhone、だてに高くないです。操作性バツグンです。UI、カメラ、スピーカー、Macとの連携など他社は一切追随できていません。

高いものには高い理由がありますね。とは言え516GBで1台16万円します。4Kテレビより高いです。

わたしの場合、テレビは2014年に捨ててしまって、家にテレビは6年以上、存在しません。

テレビは役に立たないばかりか、害悪だと認識しています。何よりコロナで大騒ぎして国民を洗脳して、経済を止めてしまった罪は大きいと思います。

話は逸れましたが、例えばiPhoneで写真を撮るとiCloudで瞬時にMacに反映されます。Windowsだとこうはいきません。

AndroidはGoogle社で、WindowsはMicrosoft社だからです。MacもiPhoneもApple社ですから連携が、ほぼ完ぺきです。

で、稼いでいる人をみると、ほぼ全員MacとiPhoneを使っています。

実は、わたしは1997年にWindows機を買って、2011年にAndroid機を買い、ずっと不便な状態を享受して来ました。

2015年にiPhoneに変え、2017年にMacに変えてからPC設定で苦しんだことは一度もありません。

正直なところ、こんなに便利なら、もっと早くからMacとiPhoneにしておけば良かったと思っています。

その意味で、大反省です。MacとiPhoneにしてから人生好転したからです。

わたしは、特にApple信者ではありません。便利でストレスや疲れが溜まらないからMacとiPhoneにしているだけです。

今後も使い続けると思います。この環境には感謝あるのみです。

柴田ありさTwitterhttps://twitter.com/ArisaVip

柴田ありさInstagramhttps://www.instagram.com/arisa.shibata

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!