2010年代を振り返る

こんばんは、柴田です。

今年も残すところ、あと13日になりました。

あと13日で2019年が終わり、2010年代が終わり、4月まで平成だった年、令和元年が終わります。

そこで、昨日から3日間、今までを振り返ることにしました。

今日は2010年代が終わるということで、興味ないかもしれませんが、2010年代の私の歴史について超簡単に書きます。

2010 神経障害で廃人
2011 回復期 暇でFX開始
2012 会社設立 引越し 復活
2013 FX資金溶かし 会社危機
2014 夫が心臓手術 引越し騒動
2015 夫が裁判で敗訴 貧民化
2016 夫が心不全 貧民に転落
2017 死ぬ気で再起 4倍速 FX成功
2018 死ぬ気でFX オク達成
2019 遊びすぎ 真の自由人

あまりに色々なことがあったのでご覧いただくと訳分からなかったり信じられないと思います。

2010年代の年表を理解するためにゼロ年代も表記します(詳細は年度をまたがっているので正確ではありません)

2000 家出 ○商売の世界へ
2001 ○商売を転々と
2002 ○○業界へ 客に○害される
2003 精神疾患 自○
2004 ○○業界復活
2005 自傷開始
2006 日経先物で大損 自○
2007 回復
2008 今の夫と同居開始
2009 鬱薬副作用で神経障害

よく生きていたな〜😂

ゼロ年代はもっと信じられない年表で、余計に訳わからなくなったかもしれません。

ということで、家出してから滅茶苦茶でしたが逆に自由奔放すぎてゼロ年代は超楽しかったです。

こうして振り返ってみると、私は運が滅茶苦茶良いことが分かると思います。普通死んでますね。

90年代が不遇かつ不幸というか超地味でしたので、その辻褄合わせとして幸運だったかもしれません。

感覚的に80年代(子供時代)とゼロ年代が超楽しかったのでこの波でいくと仮定すると、20年代は楽しいかも知れません(泣笑)

多分生きている間は、今後楽しいことしかないと思います。

お金は家出でゼロから出発しましたが、○商売と○○業界で随分稼いだのと、

1999年に懇意にして頂いた人に(…)株伸びるよと言われて300万で買った株が3000万になったというテンバガーが全てです。

株も先物もトレード歴は古いです。

FXはここ9年だけ、とはいえFXだけで十分稼ぎましたし稼げるスキルは得ました。

ただ全然不満足なので今後更に稼ぎます!

これはスクールの生徒さんには言ったことですが飽くなき追求をすると言っても1億から10億を目指すだけです。

10億持っている人なんて金持ちでも何でもない只の一般人だと思います。

ただし10億を突破すれば中々のレベルだと思います。

ですが私は10億行ったら完全引退します。

中々難しいとは思いますが、叡智を働かせ淡々とルーティンをこなすのみです。

前だけを向いてやっていきます。これは2016年から変わっていません。

不可能はありません。

私の人生なんて誰も興味ないと思いましたが、2020年を前にして少し振り返ってみました。

普通の、まっとうな人生を歩んでいる人には、おそらく信じられない出来事を数多く経験して強く生き残ってきました。

私の半生の自伝を書くだけで、FMドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟の上中下巻みたいな量になります。

機会があれば、出版してみたいですね^^

写真は「写ルンです」?で撮った2001年7月頃の渋谷系ギャル時代の超貴重なアナログ写真。フルーツパーラー前です。ガリガリでお腹も出ていません(苦笑)

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!