理不尽とは果たして?

こんばんは、柴田です。

日付は変わって11月19日になりましたが、14日から18日までは2019年の中で一番理不尽な出来事が起きゴタゴタしていました。

ただよく考えてみると本当に理不尽な出来事であったのか否かは分かりません。

あくまで私の主観であるからです。

自分に起こる全ての事象は多面体であり、今の自分の価値観や欲求によりある一面しか見ていないから理不尽と感じるということです。

もっとも世の中の人のほとんどの人から見ても私のこの5日間の状況は不幸である、

あるいは理不尽であると思う事態であるならばこの状況に客観性が付与されていると言えます。

ですから見方を変えれば、この5日間の事態は私にとって非常に有益な新しい経験が積まれたと捉えることができ、

その意味では非常に実益のある出来事だったと思います。

普通の人はおそらく悪いことというものは重なる、または何てついてないんだ最悪だと感じると思うでしょう。

しかし、私は果たしてそうかと思う訳です。

理不尽な経験を乗り切ったことで新たな局面を迎え好機が巡ってくるという考え方も存在します。

起こった物事をどう捉えるかによって、その後の行動は変わり、当然ながら運命は変わってきます。

今の事象はあくまで多面体であるから、どの方向から光を当てて事象の真実を考察するのか、

そして一番大事なのは自分を信じるか否か?です。

話しを深掘りしていきます。

運についてごく簡単にお話しします。

私の言う、おそらく成功した実業家の言う運というのは賽の目を振る確率論とは違ってコントロールできるものだということです。

起こった不幸をどう捉えるかによって、それは不幸に捉えることもできるし幸運と捉えることもできます。

その意味で思考の転換やメタ認知能力ひいてはポジティブ思考ができるか否かによってその後の運命を変えることができます。

それが運のコントロールです。

運のコントローラビリティを自分の手で握ることができるようにしたいのであれば、

マインドを普通の人とは違う成功者マインドに変える必要があると思います。

柴田

Twitterでは、FacebookやInstagramやBlogには書かないタイムリーかつ有益な情報を1日に何回も発信していますので、よろしければフォローのほうお願いいたします。

Twitter → @ArisaVip

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!