Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

iPhoneとMacの組み合わせは最強のストレスフリー

先日iPhoneの1台がバッテリーの最大容量が83%になったので集荷をお願いしました。

Appleの指針としては80%だということですが、あと3%しかなく、

12月から年末年始にかかると不便なので今バッテリー交換することにしました。

今の私のPCとモバイルの環境はiMac、MacBook Air、iPad、iPhone3台が現役で活躍していますがバッテリー交換は初めてです。

バッテリーがヘタってきたからと言ってiPhoneを買い替えているとコスパが異常に悪いので私はしません。

なぜならiPhoneは最新機種は20万円近くしますがバッテリー交換なら5、6千円で新品と同じバッテリーになるからです。

私は超ヘビーユーザーで仕事でも使っているのでiPhoneのバッテリーのヘタリは普通のユーザーよりも早いです。

それにしてもApple製品は便利ですね。

モバイルはiPhoneでPCはWindowsという人は実にコスパ悪いです。

もったいないの一言です。

iPhoneはMacと使うことで異常に便利になります。

本当にものすごくストレスフリーです。

そのように設計されているからです。

このお話しは前にもお話ししましたが、おそらくMacは高いから皆さんWindows機にしていると思いますが、

騙されたと思ってMacの一番安いやつでもいいから買ってみてください。

もちろんiPhoneを持っている前提です。

操作の連携がAndroid機とWindows機との連携機能と天と地の差があります。

これはiPhoneとMacの組み合わせで使ったことのない人には伝わらないと思います。

セキュリティもWindows機やAndroid機よりも格段に高いです。

私は1997年7月から2015年9月までWindows機を18年間使っていました。

Android機は2011年7月から使っていましたが、2015年10月からはiPhoneにしました。

正直どうしてもっと早くiPhoneとMacを使っていなかったのか後悔しました。

とはいえ、2015年はまだ私は月収15万円程度という低所得者でしたから金銭的にiPhoneとMacの購入は無理でしたが。

で、そうは言っても私は特にApple信者でもなくWindowsPCも5台持っています。

Appleはブラックボックス化していて基本改造や自作はできません。

ところがWindowsはゼロから自作PCを作れるのでその点に関してはオリジナルPCを作ることができるので、

Windowsの Macに対する唯一の優位性があると言って良いと言えます。

また機会があればWindows機を自作してみたいと思います。

柴田

Twitterでは、FacebookやInstagramやBlogには書かないタイムリーかつ有益な情報を1日に何回も発信していますので、よろしければフォローのほうお願いいたします。

Twitter → @ArisaVip

関連記事

ページ上部へ戻る