自分に対して無茶振りができるか

成功するための秘訣の一つとしてあげられることがあります。

それは自分に自分で無茶振りができるか否かということです。

つまり、無理難題を自分にさせるということ。

これは普段から心がけないとできません。

すなわち、無茶振りは実際に行動してみないと、いきなりやろうとしてもまずできないのです。

しかも、若い頃からやっていないと年を取るまで安穏と暮らしていると年をとってからは極めて難しいと思います。

もちろん、若い時から自分に無茶振りをさせている癖がついていれば、年をとってからでも難しくないはずです。

単純に言えば平和ボケ、思考停止が成功を拒む要因となっています。

今の自分から何段階も進化しなければ成功はないのですから、ある程度の無茶振りは必要です。

無茶振りをしないと乗り越えられない壁も存在します。

コツコツだけでは乗り越えられないと言うことです。

したがって、普段から自分に対し無茶振りをすること。

できれば若ければ若いうちから無茶振りをするように心がけることです。

気力と体力があるうちに気がついたらすぐに無茶振りを始めましょう。

柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!