争いや衝突の原因

人が人と争ったり衝突したりするのは、大まかに3つの原因に収斂(しゅうれん)します。

その3つとは、
1.お金
2.異性
3.権威
です。

この3つが争いや衝突の大きな根源的原因と私は分析しています。

この視点から見ると犯罪、自殺、戦争もこの3つの原因で起こっています。

戦争は今回のお話から除外します。

さて、ではどうすれば争いや衝突、さらには犯罪、自殺が防げるでしょうか。

単刀直入に言えば、お金がたっぷりとあることです。

例えばあなたが色々な意味で毎日の生活がつらくて楽しくない状態であったとします。

「生きていることが辛い。人とコミュニケーションするのもつらい。引きこもってしまい鬱になりそう」

「いや、もうすでに鬱だ。このまま追い詰められると死にたい」

「いや死ぬのは嫌だからと犯罪が自然に頭に思い浮かぶ」

さてこのような状態のとき、お金があれば救われます。

例えば月収100万円あれば少なくとも犯罪はしないでしょう。

簡単に言えば、お金に困っているから犯罪するのであって、お金がたっぷりとあれば犯罪も鬱になったり自殺もありません。

もちろん例外はありますので、揚げ足を取らないでください。

異性についても同じことが言えます。

例えば常に異性とうまくいっていれば争いも衝突も起きません。

常に異性欲が満たされているから問題は起きないのです。

かなり言い切っていますが本当に間違いのない真実であると言えます。

結局のところ、お金も異性も権威もそれらが全て稀少であり価値が高いものであるから、

誰もがお金や異性や権威を満足するほど手に入れられないのです。

とすれば、必然的に欲求不満となります。

ひいてはその不満を原因として他人と衝突したり、引きこもって鬱になったり犯罪や自殺という悲劇を引き起こします。

これは世の中がどんなに変わっても悲劇の一定数は存在して無くなりません。

悲しい話ですが、お金と異性と権威は椅子取りゲームになってしまっています。

そんな世知辛い世の中で、とりあえずお金だけは自分でたっぷり稼げるようになる、増やせるようになれば、悲劇は起きません。

異性と権威はお金でなんとか手に入れられるからです。

もちろんお金の使い方を間違えると人格が疑われますし、別の悲劇を招きますから、お金は上手に使う必要があります。

ともかく、お金を稼ぎ、増やす。

老後に追い詰められて悲劇を招かないためにもお金を稼ぐこと、増やすことは幸福の最低条件と言えると思います。

柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!