個人で稼ぐもの、それが投資

21世紀は個人が活躍できる時代です。

フリーエージェントの時代とも言われますね。

特定の何かに依存せず稼いで生きるということです。

特定の何かとは、他人、会社、組織等です。

特定の何かに依存しないで生きていくことができれば、そこにはお金や労働の搾取の構図がほとんどないと言っていいです。

そのかわり、原則として安定はありません。

安定を選ぶのなら、搾取されることから逃れることはできません。

こういう、どちらかを取るとどちらかを失うという関係をトレードオフの関係と言います。

一方を捨てなければ他方は得られない。

二律背反(にりつはいはん)の原則とも言います。

ことわざにも二兎を追う者は一兎も得ずという言葉がありますね。

これは世の中の真理だと思います。

もちろん先ほど原則としてと書いたように例外はあります。

どんなことにも例外はありますので、例外を指摘して揚げ足を取らないでくださいね。

ただ、今日のお話で確実に言えるのは、投資というものは全部自分の中で発生、開始され、完結します。

すなわち利益も損失も全部自分の責任です。

人間関係がまったくいらないというのが最大のメリットです。

私たちのストレスの大部分が人間関係から発生していますからね。

誰にも寄りかからず特定の何かに依存することなく、自分のお金を全部自分で動かしてお金を増やす。

ギャンブルとの違いは、胴元(主催者)のテラ銭(手数料)、つまり控除率が投資は桁違いに少ないことです。

これについて詳しく書くと大変な分量になるので、動画でお話しします。

宣伝で恐縮ですが、柴田ありさリテラシースクール(SALS)第2期の第2次募集しています。

今なら無料で私の声で動画講義が聞けて無料で柴田に質問ができます(講師は私です)。

権利収入でもMLMでもマルチでもないので、セールスも売り込みもありません。

純然な投資(FX)の学習プログラムですので、お気軽にご参加いただければ嬉しいです。

こちらからメールアドレスだけ登録で参加できます。
→ https://bit.ly/30ESQFU

柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!