損得勘定では伸びない

ビジネスを含めて人生すべてにおいて、自分の損得勘定でうまくいく訳がありません。

なぜなら、世の中は複雑系(*1)だからです。

(*1)複雑系が分からない人は検索してください。なぜ複雑系だとうまく損得勘定がうまくいかないのかは捨象します。一度ご自分でお考えになってみてください。

そうかといってすべてがすべて損得勘定抜きというわけにもいきません。

なぜなら、経済がマクロ経済レベルにしても個人の家計レベルにしてもうまくいかなくなるからです。

理想としては、損得勘定なしで損得勘定を達成してしまうことです。

どういうことかと言えば、意図的な打算や計算をしないでお金を稼いでしまうということです。

頭でこうしてああして稼ぐという打算をしないで、本能と直感でお金を稼ぐというものです。

呼吸をするように稼ぐとも言われたりしています。

皆さんも呼吸は普段意識して呼吸はしませんよね。

心臓を意識して動かしたり、血液を意識して動脈から細胞へ、そして静脈に流したりしていませんよね。

もちろん意識してそれらをすることはできませんし、

これはあくまで例え(メタファー)ですので、そこに突っ込みを入れないでください。

大切なのは、無意識レベルで他者やお金を動かして稼ぐことができるかということです。

意識したり計算してはダメなの?
いえいえ、そういうことではありません。

意識して打算的に行動してお金を稼いでも良いですし、それが通常レベルのビジネスパーソンや投資家です。

私が言っているのはそういった通常のビジネスパーソンや投資家ではなく、もっと上のレベルを言っています。

ケタ違いに稼ぐとこができる成功者。

そうであるためには、無意識レベルで日常の「すべての」行動がダイレクトに実益的であり、

あらゆる日常の「すべての」行動がお金を稼ぐことに直結している状態を作り出す状態になっているということです。

魂でお金を稼ぐとも言い換えても良いかもしれません。

世の中には薄っぺらい営業やセールストークその他いろいろな言動があります。

なぜ薄っぺらくなるのかと言えば、そこに魂が入っていないからです。

多くのセールスの言葉や行動が薄っぺらいために、実に胡散臭さを醸し出しています。

薄っぺらいんです、本当に。

そのように見透かされるようでは集客も売上もなかなかうまくいかないでしょう。

小手先の営業ノウハウなんて全然ダメです。

そうならないためにも魂を削って言葉や行動に刻み込んでいく。

どうせお金を稼ぐのなら最高レベルと言える成功者思考と行動でお金を稼ぐのをおススメします。

ぶっちゃけ相当な自己投資(*2)と多くの経験が必要です。

多くの経験ということは、もちろん多くの失敗経験も必要です。

(*2)自己投資が分からない人は検索してください。

ですがそれを乗り越えないとケタ違いの目標達成はできないはずです。

成功者と呼ばれている人は皆が皆そのハードルを乗り越えています。

ぜひ一度きりの人生ですから、そこを目指すのもアリかと思います。
柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!