アイディアを即実行する重要性

素晴らしいアイディアがあり実行すれば大きな経済価値をゲットできるとします。

当然ですがキチンと実行した場合のみです。

実行しなければ単なる妄想にすぎません。

つまりアイディア自体には何の価値もありません。

実行することにより初めて経済価値を生みます。

これはどなたにも理解できるお話です。

ところが大多数の人はその素晴らしいアイディアを実行に移そうとしません。

移さないばかりかいつもアイディアを出し続けるだけだったりします。

エリート会社員に多い傾向です。

ミーティングなどでも立派な議論やアイディアが飛び交います。

話を聞いてみればとても優秀な人たちな気がしてきます。

しかし実際には誰も議論の中身を実行に移そうとしません。

ですので結局、毎月の給料をもらい続けるだけで人生の月日が流れていきます。

もちろんお金持ちになる日は一向に来ません。

立派な議論に会社の肩書きと学歴をぶら下げて自己満足しているだけです。

こういうことを書くとムッとする人がいるかもしれませんがキチンと書きます。

自分を客観視するということが極めて大切だからです。

率直にいうと年収1000万円はお金持ちでもなんでもありません。

なぜなら日本は税金や社会保障費が高いからです。

お金持ちとは最低でも1億円の現金預金と毎年2000万円以上の収入がある人を言います。

この基準はアメリカの「適格な」投資家の資力の条件です。

ですので、私が決めつけているのではなく、客観的な条件であると言えます。

エリート会社員がどんなにステキなアイディアを出しても、この条件に該当していない限りはお金持ちの入り口にも立っていないというわけです。

アイディアは無価値です。

知識も無価値です。

アイディアや知識が活かされるように実行され経済価値を生み出した時に初めて巨大な価値となります。

この世の中の富は10%の人が90%の富を所有しています。

これはこう解釈できます。

アイディアをキチンと実行できた人が10%ということです。

(もちろんお金持ちになった理由はこの側面だけではありませんが、揚げ足を取らないで下さい)

9割の富を持つ1割になりたければ今後アイディアは即実行しなければなりません。

失敗したら止めればいいだけです。

その意味では簡単だと思います。

アイディア通りに行動するのが面倒ですか?

ですが、行動しないと年を取ってから人生もっと面倒くさくなります。

そのことに気づいた今が一番若いと言えます。

素晴らしいアイディアを思いついたら、すぐに実行してみて下さい。

3年後5年後のあなたの人生は着実に良い方向に変わってくるはずです。

柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!