継続のためには何が必要?

成功するために目標達成するためには継続が必要です。

しかしほとんどの人が継続できません。

半年から1年、2年で辞めていきます。

続かないんですね。

なぜでしょうか?

結論から言えば、継続するには「必然性」と「執念」が必要です。

第一に、なぜそれをやるのかの「必然性」が必要です。

いったい何のためにそれをやっているのか?

それを続けることに必然性が伴っているのか?

第二に、必ず見返してやるという「執念」が必要です。

誰に何を見返すのか?

どれだけ見返せば気がすむのか?

いつまで見返せば気がすむのか?

必然性と執念のどちらが弱くても継続は難しくなります。

誰よりも強い必然性を持ち、誰よりも執念深いこと。

何が起こっても命尽きるまで決して諦めない!と心の底から言い切れるのか?

それぐらい執念深さを持つことです。

必然性と執念はモチベーションと言い換えることができます。

つまり継続には何かを成し遂げる基礎となる強固なモチベーションが必要なのです。

なのでモチベーションが低い人、動機が軽くて薄っぺらい人は継続ができずに消えます。

おそらく3年以内に消えると言って良いでしょう。

とすれば、必然性と執念があれば継続し、その頃にはライバルも消え、いつか成功するはずです。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!