空気を読むの認識違い

最近よく聞く「空気を読むな」の意味は、空気を読みすぎるなということです。

まったく場の空気を読まなくても良いということではありません。

これは日本人に限ったことではなく、外国人だって空気を読みます。

空気を全く読まない人で成功した人はいません。

相手や周りのこと考えずしてFXもビジネスも結果は出せません。

つまりこれは程度の問題です。

強く生きるためにはある程度場の空気を読むこと。

で、ビジネスで空気読むのはわかるけどFXは?と思われるかもしれません。

ここは私のスクールでもお教えしていることですが、

「チャートの空気を読む」

ことです。

これは真の極意で、単に手法やファンダでは通用しないということ。

これは言いたくなかったのですが本当ですよ。

スクール生にはそのことの意味を徹底的に教え込みました。

具体的なことはスクールに入って頂くしかないです。

さすがにここでは物理的に書けません。

で、要はこれも程度の問題です。

空気を読むのは必要ですが読みすぎはダメということ。

外国行って空気読めないと軽くやばいことになります。

下手をすると命に関わります。

日本は空気読まなくても村八分になるだけですみます。

だから海外行こう!ということになります。

強くなりますから。

強い日本人になります。

だからといって海外を怖がることは無意味です。

私は海外へ行って怖い思いしたことやトラブルに巻き込まれたことは一度もありません。

海外経験のことは話が別ですし、分量が多いので動画コンテンツでお話しします。

それはともかく、投資でもビジネスでも空気を読まないで成功はできません。

で、これは私だけが言っていることではなくて、

実際に私のご師匠様や何人も対面でお会いした成功した実業家の方もおっしゃっています。

月収1000万円から1億円の実業家の方です。

(年収ではなく、月収ですよ)

ご縁があって直接お会いしてお話をうかがうことができました。

(私はなんて幸運なんでしょう!)

ご縁があってと書きましたが、もちろん無料では彼ら成功者は会ってくれません。

それなりのお金を支払ってお会い出来ました。

お会いしていろいろお話を聞くと正直、ネットに転がっている無料情報は◯◯です。

やはり有料情報との明確なレベルの違いを悟りました。

お金持ちはお金持ちしか流通しない情報があるのだと思い知らされました。

ですから皆さんもぜひ「月収」1000万以上の実業家に対面でリアルに会ってコンサルを受けに行くことをオススメします。

もちろんハードルは低くはないです。

人にもよりますが、金額が高ければ高いほど本音や真実を教えてくれます。

そのあたりはお金持ちは超ドライです。

裏を返せばそれだけ現実主義者ということです。

金額が安いと本音や真実は話してくれません(所詮よくある有料セミナーレベルのお話)

人にもよりますが最低でも100万円以上積んで行ってください。(もちろん相手側から金額の提示はありますから、それにしたがってください)。

そうすれば世間やネットでは聞いたことのない貴重なお金儲けの真実やお金や人間や公には話せない裏話が聞けます。

私のご師匠様は今ではコンサルは1日1000万円でも無理だとおっしゃっていました。

金額が上がる前にお会いできて良かったと思います。

ともかく、空気を読むということは必要です。

問題は空気を読みすぎるなということです。

それを誤解しないようにしてください。

質と量の問題です。

それだけは確実に言えます。

ーー

公式LINEでは【2019年1月1日から3月31日までのFX全トレード記録】を無料で公開しました。

下記の柴田ありさ公式LINEのホーム画面からご覧いただけます(もちろんお友達登録は無料です)。

https://line.me/R/ti/p/%40arisa.shibata

ID検索登録 → @arisa.shibata
(半角@をお忘れなく)

いつもお読みいただきありがとうございます。

柴田

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!