お金が欲しい理由

(1)

そんなにお金増やしてどうするの?というご質問を頂いたりします。

どのようにお答えしているかお話します。

普通の人
☑︎高いものを買うため
☑︎ストレス解消のため
☑︎自己実現欲求のため


☑︎投資に回すため
☑︎危急の際の出費に備えるため
☑︎老後の安心のため

(2)

結局、普通の人はお金を使うためにお金が欲しいと思っているのですが、

私は投資や自己投資などお金を増やしたいためにお金が欲しいと思っているです。

あとはいざという時の出費と老後に備えるため。

今までの人生で緊急出費が一番きつかったからです。

あと老後にお金ガツガツ稼ぐのはきつすぎます。

(3)

その意味でも老後のことは老後考えるという考え方が一番リスクが大きいわけです。

基本的に老後になったら何も行動できないと考えておいた方が良いです。

誰も老後を保障してくれません。

国も地方も会社も個人もです。

国民年金は月約6万5千円です(2019年現在の受給者例。隔月支給で約13万円。75歳)

家族や親族も当てにならないと考えた方が良いでしょう。

(4)

つまり若いうちに自分で稼ぐ、またはスキルを体得すること。

または稼ぐことを体験して失敗も多く経験することです。

歳をとればとるほど失敗すると立ち直るのがきついです。

若い時ほど気力も体力もありません。

いくら気持ちが強くても体がついていかなかったり病気になったりして若い時のように行動できません。

(5)

それゆえ1年でも早く自分で稼ぐことを身につけることです。

老後老後と言っていますが、人によっては若くして病気や障害を負ったりするかもしれません。

いわんや過度のストレスで精神疾患を負ったら治るのに早くて10年はかかります(一生治らないケースもあります)。

なので私のお金を増やす理由は、臨時出費と老後の安心のためです。

(6)

で、お金を増やすにはどうするのか?

そのための投資と自己投資です。

自己投資を怠って投資をすれば、あっという間に元手を失うのは火を見るよりも明らかですし、

そもそも余裕資金というお金がなければ投資がうまくできません。

なので普段からお金お金と言っているわけです。

それを拝金だとか金の亡者とか言う人はどうかしています。

(7)

さらに人が稼いでいるのを嫉妬したりするのは正直論外だと思っています。

人が自分より稼いでいたら、よし、私も稼ぐぞと思うのが普通だと思います。

しかしそんなことすら、いわゆる「あるべき論」になってしまっています。

今こそ目を覚ましてお金の追求を死ぬ気になって考えるべきです。

体力や気力があり、健康であるうちに。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!