帰国してから改めて自分の環境を考える

帰国してから、心身ともにストレスがかかっている気がします。

体調不良も治るのに時間がかかっている感じです。

例えば、先週フィリピンにいた時は精神的なストレスはゼロ、逆に爽快感すら感じていました。

また、身体的にも持病の肩コリが突然治り、慢性的な倦怠感も、時々苦しくなる心臓の感覚も消えていました。

睡眠もロクに取れていない、ものすごいハードスケジュールだったのに、です。

この現象には、私はとても驚きました。

やはり、経済成長のあるこの国の社会の明るさと暖かい気候、そしてその環境の中にいることが原因だったのでしょう。

帰国してから感じたのですが、鬱のような人や、逆にイライラしている人がとても多いように思います。

顔や目を見れば分かります。生物的に生きてはいるんですが、精神的にはそうではないんですね。

周りの環境が良くないと、短い人間の人生の大切な時間を消耗してしまうと思うんです。

それとも私の認識が間違っているのでしょうか?

ともかく、暖かくストレスフリーの環境、そして経済に伸びしろのある国の魅力に惹かれています。

そのためなら、どんな苦難も受け入れます。そして、必ず乗り越えます。

人生1回切りですから。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!