災害を中心に生活を考える

今回被災したことで決意したことがあります。

それは、災害があることを前提として生活することです。

つまり、いつ地震が来ても、いつ台風が来てもほとんど大丈夫な状況であるように準備して毎日生活するということです。

避難専用リュックに避難用品を詰めておいていつでも逃げられるようにする。

あるいは、被災地から脱出できない場合でも、被災地で無事に過ごすことを普段からシミュレートしておく。

そうすることで、地震や台風に限らずあらゆる災害から命と身を守るだけではなく生活も守るのです。

自然災害は起こって当たり前の環境で毎日生活するということです。

これなら、安心して毎日が過ごせますね。

まさに、備えあれば憂いなしです。

もちろん、自然災害が少ない国へ移住するのも手段の一つです。

海外移住についてお話すると長くなるので、海外移住についてはまた折に触れてお話したいと思います。

柴田ありさ

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!