Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トレードで教わった究極の言葉

この言葉が救ってくれました。感謝いたします。

「自分に起きる全ての出来事は絶対的必然であり、それは最善でもある」

これは、有名な最善感という言葉です。

私は、私ともあろうことか、この言葉を1年前まで知りませんでした。

知ったキッカケは、私のトレードスクールの先生に教えていただきました。

この言葉は、私に衝撃を与えました。

自分が成功するのも、失敗するのも、出会いがあるのも、別れがあるのも、全ては自分にとって全部必要なことであり、それを受け入れてきた自分の人生は全て最善の選択であったということです。

この言葉を聞いた時、私は、雷に打たれたように全てが理解できました。

私が過去、苦労して泥水をすすったことや、それから今の夫に出会ったこと、それから神経障害になったり、それが治ってアメリカに一人で旅行してから人生の考え方が180度変わったこと、それから山梨に引っ越して色々と苦労したことなど、すべて必然であり、かつ最善の選択をしてきた結果であるということです。

この考え方は、私の今までの人生も、今の人生も、これからの人生の難題も全て解決し、かつ納得するという恐ろしいほどの説得力のある言葉です。

過去の必然があるから、現在の選択が必然となり、最善となっているというわけです。

今まで人生を変えてきた変えるべきマインドと変えてきたマインドも、全ては絶対的必然性があったのです。

その結果、人生の道が脈々と作り出され、最善の道を歩いてきた、それも絶対的必然であったということ。

何しろ、起こったことすべてが自分にとって必然であり、最善であるという解釈をすることです。

これから何が起こっても、それが絶対的に必然だと信じることができれば、乗り越えられます。

どんなハードルも、それはハードルではなく、困難も困難ではなく、突き詰めれば不可能も不可能でなくなるということです。

そう考えると、生きるのがずいぶん楽になりますね。

これは、因果の法則の一側面であることにも気がつきました。

過去の毎日の出来事や努力の積み重ねが、現在の必然を作っている。

そして、現在の出来事や努力の積み重ねが、未来の必然を作っている。

その一連の流れが、全部最善の選択となるわけです。

私は、この言葉と出会っただけで、今年はレベルアップできました。

本当に、ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る