Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

できるときにやっておく

何事もそうですが、できるときにやっておくと言うのは大事です。

と言うのは、あとからやろうとしていたことができなくなることがあるからです。

これはとても大切なことです。

たとえば、50才、60才になって体力も気力も落ちてきてからは30才や40才にできたことができなくなります。

そう言う意味で言うと、まだ成功していない人は人生詰んでしまいます。

チェックメイトな状態になってしまうわけです。

これは大きな例でしたが、小さな例も限りなくあります。

あげるときりがありませんが、小さな例で言えば、

ある実業家がスクールをやっていたとします。

たとえ高額でもそう言うスクールは珍しいので入るべきです。

あとから入ろうとしても、もうその実業家は二度とスクールをやらないでしょう。

後悔先に立たずとは、まさしくこのことを言います。

そう言うケースは私の周りにも多々あります。

実業家、成功した人は、どんどん進化し続けるので当然と言えば当然です。

別に成功した人はスクール稼業家ではありません。

ずっとスクールばかりやっていては、それこそ進化がありません。

これはスクールばかりではなく、サロンやコンサルなども同じことが言えます。

実業家は目的はよりお金もちの上のランクの世界に行くこと、

言い換えると自分の夢に向かって突き進むことですので、

お金を稼いだり増やしたりする手段がずっと同じと言うのはありえません。

このように、あなたにとっての機会と言うのは、ほんの一瞬で通り過ぎます。

そのチャンスに乗れるか逃すか?

これが成功への分かれ道です。

ですから私がいつも言っているように、即断即決で行動できる人が有利です。

どう考えても有利にならざるをえません。

アンテナを広げてチャンスを逃さない。

そしてチャンスに乗って、死ぬほど努力を続けて成功する。

そのためには、できるときにやっておくと言う心がけが必要なのです。

絶対に不可欠な必要性であると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る