何も言わずに行動し成果を出す

よく口だけ達者で「やります」とか「頑張ります」とか『努力します」という言葉をききます。

大抵はそういう人は、「やれない」し、「頑張れない」し、「努力しない」。

もちろん、中にはきちんと結果をだす人もいます。

しかし、やはり世の中の大部分の人は有言不実行に終わることが多いです。

ですので、コミュニケーションを除き、他人に対して軽口をたたくものではありません。

頑張りますという言葉ほど説得力のない言葉はなく、

やはりそれなりの結果を出さないと言わないほうがマシです。

結果を出す人は、「頑張ります」自体を言わないことが多いのです。

つまり、不言実行です。

ただし、あえて公言して結果を出すというメソッドもあります。

自分を追い込むつもりで公言するのもありかもしれません。

結局、それは自分に対する約束にもなるからです。

自分に対する約束を破る人で成功する人はいません。

それだけは言えます。

ともかく、言おうが言うまいが結果を必ず出すということ。

それに尽きます。

追記

柴田ありさリテラシースクール(SALS)特別編を開催しています。

8月26日までご参加できます。ふるってご参加ください。
(簡単な審査があり、ご入学のご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。)

ご参加はこちらから。

柴田ありさリテラシースクール公式HPはこちらから。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!