書くネタがないという人

たまにSNS上の発信を見ているとネタがないと書いている人がいます。

どういうことかというと、ブログなどの書くネタがないということです。

そういう方は、おそらくは経験が不足していると思います。

もちろん、書く内容が専門的すぎてネタがなくなることがあります。

ですから、発信する内容を絞りすぎないようにすることが肝要です。

とはいえ、知恵をしぼったり、「ひねり」を利かせれば、なんとでも記事を書くことはできます。

ですが、ご自身の体験に基づいて書くことは説得力が増しますので、

とにかく行動しまくって、失敗の経験を多くし、

失敗というのは、成功の良薬ですので、いくらでも書くネタは出てきます。

私も堅い仕事から柔らかい水商売まで経験しているので、

「人間というもの」については大変たくさんの書くネタがあります。

なんども生物的に死にかけたこともありますので、「健康というもの」についても同様です。

とにかく、どれだけ多くの経験をすることではないでしょうか?

場数を踏みまくるということは、ネタを増やすだけではなく、成功への近道でもあります。

追記

柴田ありさリテラシースクール(SALS)特別編を開催しています。

8月26日までご参加できます。ふるってご参加ください。
(簡単な審査があり、ご入学のご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。)

ご参加はこちらから。

柴田ありさリテラシースクール公式HPはこちらから。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!