二者択一の愚かさ

人間は動物であり、アナログな存在です。

これは間違いのない真実です。

そんな存在の人間は、そもそも二者択一の選択は不合理です。

YESかNOか?

0か1か?

と突きつけられた時、

コンピューターはどちらかを選ぶ。

コンピューターはバイナリーだからです。

しかし、人間は0と1以外の選択もありうるし、それが自然です。

0≦X≦1 の不等式のXの値は条件をつけない限り無数にあります。

なので、0か1しかないという言説は無意味です。

つまり、YESかNO以外の答えもあるというわけです。

まれにとは言えないが、二者択一の答えを求める人がいます。

それは間違っていると思われます。

なぜなら、私たちは人間であるからです。

追記

柴田ありさリテラシースクール(SALS)特別編を開催しています。

8月26日までご参加できます。ふるってご参加ください。
(簡単な審査があり、ご入学のご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。)

ご参加はこちらから。

柴田ありさリテラシースクール公式HPはこちらから。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!