健康が当たり前と思うな

苦労した母親が言っていた。

30代の時は無理がきく。

だが30代の無理は40過ぎてからしっぺ返しが来る。

健康管理に気をつけろと。

健康が当たり前だと思ったらダメ。

健康の有り難みを知ること。

健康でなければ、お金を稼ぐこともできない。

お金持ちなんて夢のまた夢になってしまう。【柴田ありさ語録】

解説します。

これは私の実地体験で実際に私が母親に言われたことです。

なぜ、その時そう母親が言ったのかはよくわかりませんが、私を見てふと自分のことを思い返したのでしょう。

確かに、若い頃は無理が効きます。

徹夜も楽勝だし、お酒を飲み過ぎても回復は早いし、風邪も同じです。

なんだって回復は早いし、体力はあるし、相当無理が効きます。

しかし、人間も動物です。

他の動物同様、生まれたらいつかは必ず死にますし、その前に老います。

老いる前に体力と気力がだんだんと失われていきます。

若い頃好き勝手放題に生きたツケが歳を取ってから払うことになるのでしょう。

若い頃、健康が当たり前だと誰がもが思うし私も思っていました。

けれども、健康は当たり前ではないのです。

失ってから初めて健康のありがたみを思い知っても、時すでに遅し。

やはり、若い頃から、健康な頃から、歳を取った自分や不健康になった自分を想像しておくことも大切かと思います。

であるからこそ、成功は1年でも早く目指していかないとダメです。

成功するのは若ければ若いほど良いです。

行動しましょう。

考えてばかりだったり、行動を遠慮している場合ではありません。

新しい行動をしましょう。

行動をしない限り、成功はできません。

一日一日を大切に過ごさなければなりません。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!