お金がなぜ欲しいのですか?

お金がなぜ欲しいのですか?

なぜお金が好きなのですか?

少し考えてみてください。

.
.
.
.
.
それはお金が自由を担保するからです。

ですが、もしお金を全く持っていなくても自由に行動できるのであれば、お金を持つことは無意味となります。

どこへ行くのもお金が必要ない。

何を食べてもお金を払わなくてもよい。

何を買っても何のサービスを受けてもお金を払う必要がない。

これは単に現金のことを言っているのではなく、電子マネーやクレジットカード、その他現金同等物すべてを含みます。

結局、皆が皆お金が欲しいと思うのは、生きていくのに必要なのはもちろん分かりますが、

お金がなければ自己実現的な欲求はもちろんのこと、自分の自由な行動ができないからです。

自由な行動をするのにまったくお金を支払わなくても良いのならば、お金は必要ありません。

もちろん、そのような状態になるのには、代わりにお金を払ってくれる人からの特別な契約か、

または絶対的に信頼されているとか絶大に愛されているとか様々な条件を満たすことが必要です。

どのような条件や事情であるにせよ、それらを一言で言えば、「信用」ということになります。

つまり、お金とは「信用」を可視化したものと言えます。

とすれば、「信用」があればお金がなくても自由に生きていけます。

そんな夢のような人が実在するのかという疑問が生じると思います。

ですが、現実にはそのような人はいくらでも存在します。

あなたは、そのような人を知っていますか?

あなたは、そのような真の自由人を見たことはありますか?

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!