自由空間、自由時間で自然に癒される

私は今、東京から約140km離れた富士山麓の自由空間に夫と二人で住んでいます。

ここは、大自然に囲まれていて、夏は鳥や虫の鳴き声がうるさいほどですが、これも自然の騒音です。

都会の人工的な騒音と違って、人間には優しい騒音です。

そして、春から夏、秋にかけては美しい花が咲きます。

もちろん、人間が人工的に植えた花ではなく、自然の中で自然に咲いた花です。

今、私は自然の中に自生する花に癒されています。

自然というのは、実は人間社会と大きな関わりがあります。

もともと、人間は自然の中で動物から進化した動物の頂点です。

自然とは地球のことですが、地球がなければ人間という存在はありませんでした。

なので、人間は自然を尊敬し、敬愛し、畏怖するということが大切だと思っています。

ところが残念なことに、人間は20世紀から異常とも思えるくらい、急に人口が増加して、同時に工業の発達や開拓などで自然破壊も増加しました。

これは、人類史上もっとも残念なことです。本当に残念なことです。

今や人口は70億人をとうに超え、100億人に向けて爆走中だそうです。

いわゆる、人口爆発です。

まあ、そんなことを憂いていても意味がないことですし、そんな未来を想像しても仕方がありませんが、食料不足になることは自明です。

これからの人間には、いろいろな課題がありますが、自然とのお付き合いをうまくしていかないと、自然からのしっぺ返しがくるかもしれません。

都会に住んでいると自然の細かな動きや変動に気がつきませんが、私は東京から山梨の山奥に来てからは、毎日の季節の動きや変動がわかるようになりました。

もちろん、誰でも何年か住んでいれば、気がつくとは思います。

とりあえず、自然に囲まれた、とても良い環境で毎日を過ごしています。

こんな幸せってあるのでしょうか?

あるんですね、この今の私のように。

追伸

トレードスクールの勉強がものすごく大変ですが、死ぬ気で毎日受講しています。夜なんかは寝ながら講義を聞いています。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!